香久山山頂よりの眺望

駐車場に車を止めて、急な坂道を上り国見台のところまで行く山の入り口は木の枝が伐採され明るくなっていた
f0145031_16202773.jpg
。そこには舒明天皇の歌碑が建てられている。
f0145031_16215672.jpg

「とやまとには 群あれど とりよろう 天の香久山 登り立ち 国見をすれば 国原は 煙立つ立つ
海原は 鷗立つ立つ うまし国ぞ あきつしま やまとのくには」とうたわれている。
山頂までの道はうっそうとして光も入らなくて暗かったが、桧や樫の木が伐採され明るくなった
f0145031_16231746.jpg
f0145031_1623482.jpg
。ビニルのかぶせてあるのが病虫害に侵された木材である。
頂上は広場になっていて国常立神社がまつられている
f0145031_162422100.jpg
。西側の木が伐採されたので、いままで見えなかった眺望が開けて見えるようになった
f0145031_16251912.jpg
。二上山、畝傍山、葛城山、金剛山の山並みが素晴らしい眺望であった。
[PR]
# by yamada764 | 2017-04-22 16:18 | Trackback | Comments(0)

詩吟

今日の詩吟は今まで習った中で一番好きな詩を吟ぎるということである。好きな詩は律詩では杜牧の「江南春望」である。揚子江下流(長江)の江南地方の春の眺めを書いたものであるり、千里・水村・山郭で広大な田園風景が浮かび、春雨に煙る南朝時代の寺院の眺めは絵を見ているようで心を和ませてくれる。
f0145031_16565724.jpg

読み方
「江南春望」(こうなんしゅんぼう)杜牧(とぼく)作である。
千里鶯啼(な)いて緑紅(くれない)に映ず
水村山郭(かく)酒気(しゅき)の風
南朝四百八十寺
多少の楼臺(ろうだい)煙雨の中(うち)
大意(抜粋)
春は千里四方に満ちて、いたるところで鶯がなき、緑の若葉は紅い花に映りあって誠に美しい。水辺の村にも山間の村にも、酒屋の旗が春風にはためいているのが見える。思えばあの南朝のころには仏教が盛んで、この地では四百八十もの寺院が建てられていたというが、今もなお多くの楼台が、煙るような煙雨の中にそびえたっているのが、あちらこちらに見える。
[PR]
# by yamada764 | 2017-04-07 16:54 | Trackback | Comments(0)

ウオーキング

ウオーキングを始めて10年が過ぎた。雨の日や用事のある時は休んでいたが、よくも10年続けられたものだと思っている。傘寿も半ばを過ぎると気力、体力が衰えてきている。はじめはBMIが32であったが、今ではBMIが27になっている。10キロ近く減少したようであり動きやすくなった。
いつまで歩けるかわからないが頑張って歩こうと思っている。
遊歩道では大きい木が枯れていたりkれかかった木がある。風が吹くとごうごうと大きな音を立てて大木がるれ、枯れた木の枝が遊歩道に落ちてくる。松くい虫等の被害で木が枯れているので、危険防止と害虫駆除のため木を伐採している。
f0145031_19293162.jpg
切り株にもビニルを覆い病原菌の処理をしている。
f0145031_19355551.jpg
f0145031_19364335.jpg
f0145031_19374047.jpg

[PR]
# by yamada764 | 2017-03-26 19:27 | Trackback | Comments(0)

あすかでいちご狩り

孫3歳が帰ってきたので明日香へいちご狩りに行った。3回目である。赤い宝石と呼ばれるあすかルビーは大粒で糖度が高いのが特徴であり人気も高い。
あすかルビーは村内の14か所のいちご園で30分食べ放題で楽しめる。ハウスの中は棚の高さが腰の高さで立ったままいちご狩りができるので楽しい。
f0145031_142763.jpg

f0145031_1432315.jpg

f0145031_144247.jpg

f0145031_1445392.jpg

[PR]
# by yamada764 | 2017-03-13 14:00 | Trackback | Comments(0)

詩吟

「敬天愛人」松口月城作である。敬天愛人は西郷南洲が処世の信条として日ごろ愛唱した言葉である。
f0145031_18592767.jpg

読み方
敬天愛人(けいてんあいじん)松口月城(まつぐちげつじょう)
敬愛の二字意正純(いせいじゅん)
想い見る南洲のこの斯(こ)の精神
至誠一貫聖哲(せいてつ)の如し
気宇(きう)崇高惟(これ)達人
尊皇愛国肝胆膽(かんたん)を砕き
完成す明治の大維新
英雄遠く去って再び出でず
城山の嶺上(れいじょう)月一輪
大意(抜粋)
天を敬い人を愛するという敬愛の二文字はその意味するところは誠に正しく純粋で、私も南洲のこの精神をそのとおりであると思う。つまり最高の精神をもって貫き通す姿勢は実に聖人哲人のようであり、その見識は崇高で並外れた達人でもある。
常に皇室の繁栄と国家の興隆に心胆を砕き、明治維新という大事業を完成させたのである。しかしその英雄もすでに遠い昔にこの世を去り、二度とはこの世にあらわれないだろう。今城山の嶺の上に一輪の月を望んでは在りし日の英雄をしのぶのである。
[PR]
# by yamada764 | 2017-02-17 18:56 | Trackback | Comments(0)


パソコンを始めました。なかなか難しくてすぐに忘れてしまいます。いろんなことを教えてください。蘭と観音竹を趣味で楽しんでおります。色々とご教授くださいませ。


by yamada764

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お気に入りブログ

のんたんのデジタルな風景
Every day is...

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月

カテゴリ

全体
未分類

最新のコメント

パソコンが十分使いこなせ..
by 凧KS at 04:30
コメント有難うございます..
by yamada764 at 10:31
いつも前向きの姿勢でお元..
by キクちゃん at 09:56
 お久しぶりです好太朗で..
by 好太朗 at 23:14
(●^o^●)おいしいさ..
by yasunori1113 at 23:26
温泉大好きです。県内初め..
by キクちゃん at 10:06
yamada764さん ..
by キクちゃん at 09:43
\(^o^)/お~~~!..
by yasunori1113 at 20:39
料理教室も観音竹もいつも..
by yasunori1113 at 20:55
 私は観棕竹協会に入って..
by 雅 連星 at 17:46

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧